• アストロ・アジェンダ概要
  • アストロ・カート・グラフィ
  • サイクロ・カート・グラフィ
  • アストロ・パワーアングル
  • Kaori Mayumi astro agenda on Facebook
  • アストロアジェンダ2017 iPhoneアプリ版カレンダー
  • Google Play で手に入れよう
  • アストロアジェンダ2017 Androidアプリ版カレンダー
  • あなたの太陽&月の星座を知る
  • アストロ・カート・グラフィ 誕生日別太陽ライン
  • オンラインショップ
  • 真弓香著書のご紹介
  • astro agenda クライエント&フレンドブログ集
アストロ・パワーアングル

アストロカートグラフィは「個人の可能性を最大限に発揮できる場所」「そこでは何が起こるか」という「場所」を明らかにするマップですが、「アストロ・パワーアングル®」は、「どの方角に行けば幸運に巡り合い」「その方角では何が起きるか」という東西南北のアングル(方位角)を示唆するチャート/マップです。
どちらも、自分の住んでいるところや移動先を、惑星の意味において認識し、幸運なことがらを意識的に選択することを手助けするツールです。

活用例を見る

  • 活用例1
  • 活用例2
  • 活用例3

日本では、開運方向を占う「気学」がよく知られているため、このチャートは「アストロ気学」あるいは「方位ホロスコープ」と表現してもよいでしょう。一般的な気学で「今の住居から北北東の方向へ…」といった表現がされるのと同様に、「アストロ・パワーアングル®」も、個人と惑星の方位関係を示しています。しかし気学と違うところは、流派や計り方で方位が相違することはなく、また、許容範囲や方位が、より具体的な数字で明示されているところです。そして一般的な気学のように大まかに生年月日だけで個人の開運方向を示すものではなく、個人の生年月日、出生時間、出生地の3つのデータをもとに計算されます。

また、アストロ・パワーアングル®は、家や店舗などの間取りや配置にも応用でき、「アストロ風水」とも表現できます。 伝統的な風水との相違点は、個人の誕生時の惑星の配置にそって、間取りや家具の配置を行い、「個人のエネルギーにぴったりあったプラン」ができる点です。
近年ブームとなっている風水は、もとはといえば、壮大な宇宙論まで組み込まれた帝都を建設する際の都市計画のために研究された学問でした。それに、墓地や家相のジャンルが加わり、それがいつの間にか時代の流れとともに、今や風水は、ワンルームマンションにも適応できる技法までもが登場し、誰でもこれをもとにレイアウトができるようになりました。しかし、 帝都の建設からワンルームマンションにまで、と活用用途が進化したにもかかわらず、往々して、これらの技法は、万人向けのものが大半を占めています。ひとりひとりのデータに基づいた風水は、ほとんどの場合が口訣や秘伝になっており、一般には公開さていないことも、アストロ・パワーアングル®との相違点としてあげられます。

アストロ・パワーアングル®の理論ですが、実は、誰もが日常生活において、無意識に実践しています。たとえば、大きな会場で自分の席を決めるとき、少し歩き回って感覚を試してから、一番居心地がよさそうなところに座る、という経験は誰にでもあるかと思います。人によっては、陽当たりが悪く寒そうなところや、人の出入りが多い落ちつかないところに座る人がいますが、何故でしょう? それは、その人にとっては、その場所(方角)が座り心地がいいと感じるからではないでしょうか。もし、そうであるなら、これは、居心地のよい方角は、人によって違う、ということになります。これが、アストロ・パワーアングル®の神髄です。

このような視線で、自身の生活動線を改めて眺めると、納得できることが次々とでてくることでしょう。職場で居心地のよい部屋や席、ささいなことで夫婦喧嘩が始まる部屋や場所、散歩や買い物に好んで出かける方角、トラブルが絶えない取引先がの方角などなど、これらは、アストロ・パワーアングル®の理論に従えば、よしも悪しも、それらの事柄を暗示している惑星の方角、ということになります。

そして、この理論に従えば、同じ人と話すときでも、よい方向から聞こえてくる話は前向きに聞こえ、困難な方向から聞こえてくる話は、否定的に聞こえる、ということになります。この理論は、取引、交渉などを成功させるために使うことができます。

私のクライエントのひとりであるジェーソン・アンさんはワシントンでマーケティング会社の社長をしています。会社の顧客リストには、韓国の財閥やアメリカの上場企業が名を連ねています。彼のお姉さんのジーンさんは、 韓国を代表する国民的人気歌手、チョー・ヨンピル夫人ですが、実はホワイトハウスでロビエストとしても大活躍した女性です。惜しくも2003年に亡くなりましたが、生前は、アシスタントとして働く弟のジェーソンさんに、「会議では座る席がとっても大切」といい、誰よりも早く会議場に入り、自分にとって一番パワーが発揮できそうな席を確保していたそうです。その言葉を胸に刻みこんでいるアン社長は、パワーを呼び込む場所があることをよく理解し、会議で座る席は意識的に選ぶようにしています。

別のクライエントの個人投資家は、自分にとってお金を儲けさせてくれる場所にあるかどうかで投資先の会社を決め、資産を着実に増やしています。彼は株で儲けたお金を預ける銀行まで、富をもたらす場所にある銀行にするほどの徹底ぶりです。 また、パートナーと二人でコンサルタント会社を始めたクライエントの場合は、パートナーと意見の対立が多く、仕事がうまくいってませんでした。ところが、パワーアングル®・チャートに基づいてオフィスの模様替えをし、机の位置を変えたとたん、状況が改善されました。このように、「ロケーショナル・アストロロジー」は、仮に不運な星のもとに生まれていたとしても、ベネフィック(吉星)の場所や方角に移動したり、旅行をすることで幸運な人生となり得ます。そして、「自分の手で自分の運命を変えていける」ことを示唆しています。